秘めた石の力をご紹介!

Natural Stones

初心者でもできるビーズ状の天然石でブレスレット作り

ビーズ状に加工された天然石を使うと、簡単でおしゃれなアクセサリーが出来ます。
天然石は同じ種類の宝石よりも、少しだけでも色や曇り方が規格から外れるとグレードが落ちるため、ある程度の大きさがあっても比較的安価に購入できるお買い得な石です。
ビーズ状に穴を開けた加工がされていると、テグスやワイヤーや金属のチェーン、紐類を楽に通せます。
専用の器具で穴を開けなくても良いので、石に傷を付ける心配がなく、手間をかけずに作ることができます。
初心者でも、簡単に見栄えの良いアクセサリーを作るなら、ブレスレットがおすすめです。
単色でも、2、3種類用意して配色を楽しんでもおしゃれに仕上がります。
手首のサイズを測ってから、余裕ができるように少し大きめに作りましょう。
好みの天然石を用意して、伸縮するタイプのテグスに通していき、手首に合う長さに調整してからテグスの両端を結びます。
出来上がりは、輪の状態になり、テグスが伸び縮みするので着脱がしやすくなります。
できればビーズ状の石の大きさを合わせると、形が整っているように見えます。

天然石ビーズの特徴や、アクセサリーについて

自然界で生み出された石でできた「天然石ビーズ」は、半貴石がメインです。
天然の物なので、輝き・形・色合いなどそれぞれが同じではなく、個性的で高級感を感じられるアクセサリーを作ることができます。
プラスチックやガラス素材といった大量に生産できるタイプよりもオリジナリティ豊かなことから、ビーズのアクセサリーでのトレンドとなっています。
また、身体と心への働きかけによって自己治癒力や生命力などを引き出すヒーリングの効果もあるとされており、パワーストーンの一種としても親しまれています。
天然石一つ一つに効能や意味があると言われ、お守りの感覚で身に付けられるため、自分と相性の良い種類を探す楽しみも魅力のひとつです。
パーツを購入すれば、オリジナルのデザインのブレスレットやネックレス、ピアスなどが作れますし、ビーズアクセサリーの教室・講座などもあります。
教室や講座では講師からの指導が受けられるため、ビギナーでも安心です。

check

Last update:2017/4/10

COPYRIGHT(C) 2015 Natural Stones .ALL RIGHT RESERVED